ベテルギウス の 超新星 爆発。 赤色超巨星ベテルギウス、超新星爆発は約10万年後と判明

ベテルギウスが本当にもうすぐ超新星爆発?→人類滅亡か!?「光が暗い…」天文界が騒然、急速な減光確認される!

🐲 この超新星は、白色矮星が少しずつ周りの物質をまきこみながら重くなって爆発を起こすため、臨界点となる重さは太陽の約1. 4等級という明るさだったが、2020年1〜2月頃にここ100年で最も暗い約1. 対流の勢いが、ベテルギウスを真ん丸の恒星ではなく、まるでコブがあるかのような形にしている、ということがわかってきました。 (参考記事: ) 通常、ベテルギウスの明るさは、夜空の恒星の中で上位10位に入っている。 ちなみにマイケルソンはこの干渉計の発明によってノーベル物理学賞を受賞しています。

2

巨大な星の最期(さいご) 超新星爆発(ばくはつ)

😗 もし近くに別の恒星があった場合は、そのガスをも吸い込んで質量を増やしていくのです。 地は彼の栄光によって明るくされた。

巨星ベテルギウスの最期を見つめる|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

😁 すばる プレアデス星団 が含まれるこの星座の戦うおうしの角の先のところに、「お客さんの星」が現れた。 超新星爆発のメカニズム、どういうふうにして起こるのか。 それは、もうすぐそこ、なのです。

5

巨星ベテルギウスの最期を見つめる|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

👀 地球への影響 ベテルギウスの超新星爆発が起こったら地球へはどのような影響があるのでしょうか? この爆発では 地球の生命には危険が及ぶことはないけれども、大量の紫外線が放射されて大気中のオゾン層を破壊する恐れがあるとの説がまずあります。 巨大な黒点が生じたベテルギウスを描いた想像図(Credit: MPIA graphics department) ある研究グループは、2019年12月に撮影されたベテルギウスの暗く歪んでいる様に見える部分が、表面の50パーセントから70パーセントを覆う巨大な黒点(恒星黒点)だったのではないかと考えています。 3ヶ月から4ヶ月の間強烈な青い光を放ち続けたのち、徐々に暗くなっていき、1年後から4年後には肉眼では見えなくなってしまうそうです。

14

オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?

🐾 swiper-pagination-bullets-dynamic. 超新星爆発という星全部を吹き飛ばすような大爆発とは違って、少しちりを放出するなどすると暗くなる。 オリオン座は、ギリシャ一の力持ち、神の血を受け継ぐ青年オリオンが天に昇って星座になった姿を現しています。 対してベテルギウスは中心近くからの対流が起こっており、その速度も毎秒数10Kmという速さでダイナミックに起こっているということです。

赤色超巨星ベテルギウス、超新星爆発は約10万年後と判明

🙌 同じことが恒星でも起こります。 太陽と同程度の質量の恒星は数億~数百億年、光り輝いた後、惑星状星雲となり、最後に地球と同程度にまで縮小して高密度の白色矮星(わいせい)になるのに対し、8倍以上の恒星の寿命は数百万~数千万年と短い。

18

ベテルギウス(オリオン座)超新星爆発2020はいつ?影響や次の星は?

⚔ これが年老いた星、赤色巨星とよばれる状態です。 小学校で「ちかいうちに爆発してなくなるかもしれない」と教わる星だけに、天文ファンが期待する超新星爆発は果たして起こるのか。

8