大 鏡 弓 争い 現代 語 訳。 大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳(2/6ページ)

高等学校古典B/大鏡

🌏 御年十七歳。 しかし真理という言葉の意味にとらわれれば、言葉の穴に落ちていくようなもので、到底真理そのものを手に摑むことはできない。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 思しなり=サ行四段動詞「思し成る(おぼしなる)」の連用形、尊敬語。

平家物語(原文・現代語訳)

😈 それは虎が獲物を仕留めることができず欠伸あくびをするような、あるいは馬が綱でつながれて走れないような、本来の力を発揮できない虚しさに似ている。 かしこく・・・すぐれて。 『宝鏡三昧』を現代語訳するとこうなる ~いのちの不思議を説くお経~ 曹洞宗に伝わる禅の奥義書として、以前『 参同契(さんどうかい)』をご紹介した。

3

『宝鏡三昧』を現代語訳するとこうなる ~いのちの不思議を説くお経~

😛 このことを説くために、祖師方はいろいろな言葉を用いてきた。 』とおっしゃったのには、われながら得意にならざるを得なかった。

15

「南院の競射」についてです。43個の敬語の敬意の方向(誰から誰に)...

🙄 直後に尊敬語が来ている時は、「使役」と「尊敬」のどちらか文脈で判断する。

古典の大鏡の内容が・・・

😅 両者はまったく同じ動きをするが、それでもやはり同じではない。 動作の対象である伊周か道長を敬っている。

大鏡 「弓争い」 現代語訳

🤙 (そうかしこまっておられては、せっかくの)興もさめてしまいましょう。

13

『宝鏡三昧』を現代語訳するとこうなる ~いのちの不思議を説くお経~

🚀 自分は人よりも能力が劣っているから修行をしても悟りを得られないと諦めてしまう人もなかにはいるが、悟りは苦行の末に得るものではない。 [現代語訳] 中関白殿(=藤原道隆)も、また御前に仕えていた人々も、 「もう二回(勝負を)お延ばしなさい」 と申し上げ、(道長は勝負を)延べさせられたので、心穏やかでなく思って、 「それなら、お延ばしなさい」 とおっしゃられて、またお射りなさるときに、おっしゃるには、 「道長の家から、天皇や皇后がお立ちになるはずならば、この矢よ当たれ」 とおっしゃられると、同じ当たると言っても、何と的の真ん中に当たったではないですか。

10

大鏡「南の院の競射」についての疑問点

⌛ ・神璽・宝剣 - 三種の神器のうちの、二つの、勾玉(まがたま)と天叢雲剣(あめのぬらくものつるぎ)。 京のほどはかくれて、堤(つつみ)の辺よりぞうち出でまゐりける。

14