付随 する。 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 : 金融庁

振興山村地域の空き家に付随する農地が取得しやすくなります

❤️ 「付随効果」の意味 二つ目の「付随効果」とは、本来の目的として期待されたものではない二次的な影響や、主な効果に付随して発生する効果を意味する言葉です。 付属建物は、通常の建物に付属している扱いになるため、通常の建物が売買された時には付属の建物も同時に売り買いされることになります。

1

「付随」の意味と使い方、類語「付帯・付属・随伴・追随」との違い

👊 )(以下「子会社等」という。 その事件に付随しておこった問題がいくつかある。

5

付随事項の覚書の書き方と例文まとめ

📞 2 銀行が、従来から実施することを認められてきた電子マネー(オフラインデビットにおける電子カードを含む。 この場合、運動不足解消が本来の目的でしたが、「付随効果」として交流の輪が広がったと言えます。

中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 : 金融庁

😄 「付随」には「付帯」や「付属」など似た言葉が多いため、意味が混同しているということがあります。 銀行が、顧客又はその関係者の宗教を考慮して、商品の売買が含まれる金利・通貨スワップ取引と同様の経済的効果を有する取引を行う場合には、商品に関するリスクを負担していないことに留意する。 1 職員の派出の取扱い 派出とは、特定の施設内の一定の場所に職員を派遣し、当該施設主体のために、金銭出納事務を行うことをいい、官公庁、公営住宅団地、総合病院等の公共性のある施設内において公金等の金銭出納事務に限った事務(注)を行っている限りにおいて、銀行法上の営業所としない扱いとすることができる。

10

「付随する」とは?意味や使い方!例文や解釈

🤔 なお、銀行持株会社の子会社等についても、これに準じた取扱いを行うものとする。 同時に生じる) 「危険を伴う作業だ」 帰属 (意味:つくこと。 「その『付随する業務』も検討したの?」 しかし、もしこれが本人は「会社はひどい、解雇は無効だ!」と争ったとします。

7

「付随(ふずい)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

🤪 「付随」の「付」には、「ぴったりとくつく、添えつける」という意味があり、「付随」の「随」には「ついていく」という意味があります。 「付帯」は「主たる物事にある物事が必然的に伴うこと」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 このように、「付随」は発生する事柄、「付帯」は付け加える事柄を表します。 読み方は「ふずい」、漢字では「附随」と書くことも 「付随」は「ふずい」と読みます。

19

振興山村地域の空き家に付随する農地が取得しやすくなります

😎 たとえば運動不足解消のためにランニングを始めます。 たとえば、家の建設に対する電気・ガス・水道などのライフライン工事を「付帯工事」と呼びます。 表現方法は「付随する業務」「付随して」「付随した」 「付随する業務」「付随して」「付随した」などが、付随を使った一般的な言い回しです。