スタップ 細胞 は あります。 小保方晴子

小保方さん「STAP(スタップ)細胞は真実です」 記者会見の冒頭コメントを書き起こし

❤️ 多くの研究者の方々から見れば、考えられないようなレベルでの間違いがたくさん生じてしまっていると、思われると思いますが、この間違いによって論文の結論に影響がないことと、何よりも実験は確実に行われており、データが存在することから、私は決して悪意を持ってこの論文を仕上げたわけではない、ということをご理解いただきたく存じます。 撤回理由は調査委員会が調査した疑義や不正認定した2枚の画像に加え、1 レター論文のキメラ胚の写真において、ES細胞由来とSTAP細胞由来の写真がともにSTAP細胞由来のものであったこと、2 アーティクル論文の2倍体キメラ胚の写真に、4倍体キメラ胚の別の写真が使用されていたこと、3 デジタル画像処理によるものを「長時間露光」と誤って記載していたこと、4 レター論文のSTAP細胞とES細胞の図において、ラベルが逆になってしまっていたこと、5 『ドナーマウスと報告された STAP幹細胞では遺伝背景と遺伝子挿入部位に説明のつかない齟齬がある。 各帝国大学に研究室を置くのも自由とし、理研からの研究費で研究員を採用することを許可した。

8

「STAP細胞は、ありまぁす」 平成最強の自分好き・小保方晴子さんに見る“味方づくり”の才能

😈 2014年12月19日閲覧。 研究関係 - 、、、• だから、サイトで愚痴るしかないというかんじです。

3

正体はES細胞、STAPは「捏造」だった

🤜 マウスで追試を試み、多くの自家蛍光が見られたと報告したの関由行は 、「いくら詳細な手順が示されているといっても、論文のデータの信頼性が失われた中では再現に取り組みようがない」と述べた。 元々脾臓の中にある未分化細胞が選別されたのではないと論文は述べている。

10

「STAP細胞はありましたか」小保方女史へ笹井未亡人からの代表質問

👉 1月の誌に、遺伝子導入を伴わない方法で全てのとに分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞と命名された)を作出したことを筆頭著者として論文報告し、「の星」 として注目を集めた。 それよりも、マスコミがどうのって言ってる人が、問題の本質をきちんと理解してるかの方が、個人的には気になりますねぇ。

いまだ根強い「STAP細胞が本当はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由

❤️ 例えば培養液の成分のロットナンバーや、刺激を与える試薬の厳密な組成なんかも関わってそうですから、すぐに結果がでるかは分からならないですね。

13

小保方氏のSTAP細胞、やはり米国に横取りされた? ネットで大きな話題に! (2015年12月15日)

👉 ところが、ストレスによる細胞の変化に関する研究は、バカンティ氏の専門外でした。 それは、これまでの『日本とアメリカにおける科学利権』の歴史を見れば明らかなのです」 「山中教授がiPS細胞を発表したほぼ同時期に、アメリカのベンチャー企業が、同じ内容の論文を発表しています。 2014年7月2日閲覧。

11

STAP〈スタップ〉細胞って、捏造だったのですか?

🐾 チャールズ・バカンティらによるプロトコル [ ] 更に同年には、細いガラス管に通した後で弱酸性液に浸す改善版実験手技 を、らが公表した。 今のところ悉く失敗していますが、その原因が何であるかはまだまだ検証段階です。

19

小保方晴子

😋 小保方は「小さい細胞を取り出す操作をするとが現れるのに、操作しないと見られない。 STAP幹細胞は胎盤組織への分化能を持たないが 、STAP細胞の培養条件を変え、栄養膜幹細胞の作製法と同様にを含む培地で長期間の接着培養することにより得られた幹細胞(FI幹細胞またはFGF4誘導幹細胞 )からは胎盤を誘導することができた。 要するに、「追試してもすぐには捏造かなんて判断できない」んですよ。

理研ってどんな組織? 小保方晴子さんのSTAP細胞で揺れる「科学者の楽園」

✊ 2014年10月23日閲覧。